ブルーベリー

写真 海からの贈物

 DHAは、魚の脂肪の中にEPAと共に含まれています。
 どちらも今話題の、不飽和脂肪酸ですが、EPAはイワシ、サバ、サンマに多く、DHAはマグロの頭、特に眼光嵩の脂肪細胞内に多く含まれます。人間の細胞内にも含まれていますが、脳と脊髄を繋ぐ神経組織である白質体や、目の網膜といった器官に特に多く含まれ、また、母乳にも豊富に含まれている事が知られています。
 しかし、意外にもマグロ、人間共に体内でDHAを生成する能力が無く、食餌を通して摂取されたものが体内で利用されています。そうしたDHAの多くは、プランクトンによって生成され、食餌連鎖によって運搬される文字通り「海からの贈物」なのです。

 1カプセル中に、完熟したブルーベリーの果実より抽出した色素(アントシアニン)+DHA。
 二つの相互パワーが苛酷な環境にさらされる現代人を守ります。
 1回2カプセルを目安に、毎日のスッキリ健康生活の為に、ブルーベリーカプセルをお薦めします。
 噛まずにお飲みください。

 撃墜王の青い秘密兵器

 第二次世界大戦中、イギリス空軍に「撃墜王」として知られたパイロットがいました。性能で勝るドイツ空軍の戦闘機を、薄暗い空の上でも難なく迎え撃つ姿に仲間達は、「きっと、食ってる物が違うのさ」と噂したほどです。確かに彼の食事には、他のパイロット達とは異なった内容の物がありました。食事の度に彼が好んだ、パンと同じ厚さまでに塗り重ねたブルーベリーのジャムです。
 彼の功績について研究が進められ、仲間達の噂が真実であった事がつきとめられました。彼が食事の際、好んで食べていたあのブルーベリージャムにその秘密があったのです。
 ブルーベリーの美しい青い色は「アントシア二ン」という色素で構成されていますが、そのアントシア二ン色素が払たちにうれしい成分なのです。
 人が物を見る際、光を感じる物質「ロドプシン」がその都度壊れ、光を感じていると言われています。
 今でこそ欧州では、ブルーベリーを原材料とした製剤が造られていますが、そうした大発見の背景には、パンと同じ厚さにまで塗り重ねられた撃墜王のブルーベリージャムがあるのです。