うなぎの骨

写真 カルシウムは大事な栄養素

●胃や歯を形成(体内のカルシウムの約99%がこの2つの部分にあります)
●心臓や筋肉の働きをスムーズにする
●神経伝達・血圧の調整をする
●出血による血液を囲める
 カルシウムが体内で不足してくるとと、骨から溶け出して足りない箇所へ流れ、正常に保つような働きをします。
●骨相しょう症や骨折を起こしやすくなる
●筋肉がけいれんを起こしたり、硬直しやすくなってしまう
●手足のしびれを感じるようになる
●カルシウム不足の結果としてイライラ感が出て情緒をみだすことになる
●肩こりや不眠の原因に事なる
 日本人は乳製品を摂る習慣があまり無かったため、現在でもカルシウム不足になりがちです.毎日意識して摂るようにしましょう。
 一般的に男性のほうが女性より体が大きいため、体内での蓄積量も男性が多いようです。このため女性はカルシウム不足になりやすく、骨粗しょう症になる割合も高いといわれています。

 スタミナ食品の代表「うなぎ」には豊富などタミンやEPAが含まれています。
 皮膚、粘膜、目の健康を保ち、免疫力の向上に効果的。ガンを防ぐ効果もあります。
 心臓の機能を正常に保つ。身体の疲労を取る効果もあります。
 体脂肪の蓄積を防ぎ、動脈硬化の予防にも効果的。
 細胞の老化から守る働きがあり、美肌や美容にも効果的といわれています。
 不飽和脂肪酸(EPA)は生活習慣病の予防に効果的です。


カルシウムを多く含む食
 (mg/100g中)

煮干 2.200
干しひじき 1.400
干しこんぶ 710
ちりめんじゃこ 530
卵黄 150
牛乳 100